「グリシン」の効果は?


女性イメージ アミノ酸の1つに「グリシン」があります。グリシンは、体内でつくることができる、非必須アミノ酸です。体内ではグリシンが1日に数十グラムも作られています。

グリシンには、睡眠改善効果と肌質改善効果、うつ病予防があります。 睡眠改善の効果の実験で、就寝前にグリシン3gが含まれた食事をしたグループと、グリシンが含まれていない食事のグループで熟睡までの時間を比較しました。グリシン有りのグループは平均30分で熟睡できたけど、グリシン無しのグループは倍の平均1時間かかったという結果があります。

寝つきだけでなく、日中の行動にも差がでました。PCで同じ作業をしたのですが、グリシン有りのグループの方が明らかに作業結果が良かったそうです(^^♪

実験結果からも分かるように、寝る前にグリシンを摂取することで、深く眠ることができ、目覚めがスッキリして気分がよくなります。体が上手くリセットされたことで日中まで元気に過ごす効果があります。

グリシンは、睡眠だけでなく肌質改善の効果があります。コラーゲンの3分の1はグリシンです。グリシンを摂取することで皮膚のバリアー機能、敏感肌の改善に効果があります。

また、手足の血管を広げる効果もあるので体の細部まで栄養や酸素、熱が行き渡ります。それによって、皮膚の水分量が増え潤いのある肌になります(*^^)v このとき、深部の体温は下がっています。深部の脳がクールダウンされることで、良い睡眠になるのです。

良く眠れて、朝スッキリ、日中も元気で、尚且つ美肌効果もあるなんてグリシン、スゴイですよね(^^♪ グリシンサプリを飲む場合にポイントを紹介します。 

グリシンはいつ飲むの?


就寝の2時間前からグリシンを飲むとイイみたいです。30分前や、就寝前に飲む人もいます。効果を実感できるタイミングはバラバラですが、就寝の2時間より長い時間だと早過ぎるようです。

グリシンの効果は何日目から?


効果を実感できるのは個人差があるようです。グリシンを飲んだ翌朝から実感できた人、2.3日後くらいという人、2週間、1ヶ月・・・2.3ヶ月など、かなり幅があるようです。

あるグリシンサプリの会社に問い合わせてみたら、「効果を実感して頂くのに、個人差がかなりございます。お試し用で実感して頂きご購入して頂いたお客様もいらっしゃます。お薬ではなく健康食品ですので徐々に効いていくという風にご案内させていただいております。2.3ケ月と長期的に続けて頂くことでより実感して頂けるかと思います」と、いうことでした。

たしかに、「よく眠れたー」というのは人によって感じ方が違うだろうし、眠りの変わり方への期待度によっても「思ってより、こんなに違うなんて!!」と感る人もいれば、「期待してたより少ししか違いがなかった」と思う人もいるでしょう。感じ方でかなり違いがでるかもしれないですね(^_^;)

グリシンに副作用はない?


グリシンを摂取することで副作用はありません。 厚生労働大臣から安全性が認められているので安心して摂取できます。コンビニのおにぎりやお弁当には、長持ちさせるためにグリシンが使われているほど一般的なもののようです。

過剰にグリシンを摂取しすぎると、「下痢・胃腸の不調・吐き気・嘔吐」になる場合があるようです。適量3から5gであれば問題はありません。(数十gを超えるのは過剰です)  グリシンに限らずサプリの過剰摂取は気をつけたいですよね。

ただし、薬との飲み合わせには注意が必要です。必ず医師に相談しましょう。例えば、飲み合わせNGなのが、統合失調症で処方される「クロザピン」。 グリシンをいっしょに飲むと、「クロザピン」の効果が弱まってしまいます。薬を服用中の方は、自分の判断だけでグリシンを摂取するのはやめましょうね(^^)b

また、妊婦や授乳中の人も必ず医師と相談しましょう。グリシンは体内にもともとあるアミノ酸で、食物にも含まれているので安全とされていますが、 妊婦や授乳中の方がグリシンサプリを摂取した時のデータがないので、体や赤ちゃんへの影響はわからないそうです。とても大事な時期なので、こちらも自分で判断しないで医師に相談しましょう。

オーストラリアドルのチャート