グリシンについて解説

非必須アミノ酸の1つ「グリシン」そもそもアミノ酸とは?


アミノ酸は、タンパク質を構成している成分で、自然界には500種類ものアミノ酸が存在します。
人の体は、60%が水分、20%がタンパク質、20%が脂肪などでできています。


筋肉や皮膚のコラーゲン、髪、内臓、消化管、血液のヘモグロビンはタンパク質です。人の体のタンパク質は20種類のアミノ酸でできています。自然界には500種類のもアミノ酸があるのに、人の体はその中のたった20種類のアミノ酸だけなんですね。意外と人って単純なつくりなのって思っちゃいました(^_^;)


アミノ酸には2つに分類わけされます。自分の体でつくれないアミノ酸が「必須アミノ酸」、体内でつくることができるアミノ酸を「非必須アミノ酸」といいます。必須アミノ酸は、体内でつくることができないので食事から摂取します。


・必須アミノ酸
イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン


・非必須アミノ酸
グリシン、アラニン、セリン、アスパラギン酸、アスパラギン、グルタミン酸、グルタミン、アルギニン、システイン、チロシン、プロリン


アミノ酸の種類によって色んな効果があります。
例えば、非必須アミノ酸の「プロリン」は、コラーゲン合成促進や修復作用、保湿効果があります。非必須アミノ酸の「システイン」には、シミやそばかすを薄くする、メラニンの生成を抑制する効果が。
BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)には、筋肉疲労を予防して回復してくれます。


アミノ酸が不足すると、免疫力が弱くなってしまします。他にも、スタミナがなくなったり、髪が抜ける、爪が脆くなる、血管壁が弱くなる、貧血、脳の働きが鈍る、発育不良などの症状がでてきます。
逆に、アミノ酸の過剰摂取は肝臓や腎臓に負担がかかる場合があります。摂り過ぎたアミノ酸は尿といっしょに排出されます。


人気グリシンサプリ一覧

 

グリシンについて解説

 

サプリ関連コラム

 

睡眠関連コラム

 

オーストラリアドルのチャート