グリシンについて解説

グリシンを食事から摂取するには?グルテン・ミートのつくり方も

グリシンは普段の食事から摂取することができます。グリシンが多く含まれる食材を意識しながら献立を考えてみてはどうでしょう(*^^)b


グリシンが多く含まれている食べもの

ゼラチン
小麦タンパク (麩)
牛筋、とり軟骨、豚足などの動物コラーゲン
エビ、カニ
かつおぶし
大豆


私が気になった「小麦タンパク」について調べてみると、小麦タンパクは「グルテン・ミート」とも呼ばれ健康食品として注目だそうです。で、これは何かというと、小麦粉を水と練ると「グルテン」という成分が作られモチのような状態になります。練ったもののでんぷんを洗い流せばグルテン・ミートができます。


このグルテン・ミートは麩の原料です。パンや麺の中にも含まれていてコシを出す役目があります。「グルテン粉」という小麦粉からでんぷんを取り除いたものも売られています。肉の代用として料理できるようなので紹介しまます。


グルテン・ミートのつくり方


材料
・小麦粉 1キロ
・塩 大匙1
・水 600から700cc
※約650gのグルテンができます。


※POINT!! 初めて挑戦する時は5分の1の量でやってみましょう。大量に作って失敗したらショックですもんね(^_^;)


作り方
?ボールに小麦粉に塩を加えます。
?水を2.3回に分けながら、小麦粉に入れてこねます。
?ひとかたまりになったら、ラップをして1時間そのまま。(このときグルテンが作られます)
?ボールにたっぷり水を入れ、でんぷんを洗い流します。水が白くにごるのはでんぷんが取れてる証拠です。3から4回水をかえて洗います。
?ベージュっぽい色のゴムのようになればグルテンのかたまりの完成。


グルテン調理方法
?グルテンを適当な大きさで形成します。ハンバーグを薄めにした感じが使いやすいです。(注意:あとで2倍の大きさになるので小さめに!!)
?大きめの鍋に1リットルの水にしょう油、おろしにんにく、おろししょうがを入れて沸騰させます。(野菜や昆布を入れるとダシが出てより美味しくなるそうです。)
?先ほどつくったグルテンを沸騰した鍋に入れます。
?強火で5分、弱火で30分から1時間、煮込めばグルテン・ミート完成。


適当な大きさに切って、お肉として料理に使うことができます。オススメは、グルテン・ミートに小麦粉、卵、パン粉をつけて油で揚げた、カツレツだそうです。大量にグルテン・ミートを作っても冷凍保存でできます(*^^)v


グリシンが摂取できるだけでなく、ダイエットにも期待できそうですよね。毎日継続して食べるのはムズカシイかもしれませんが、グルテン・ミートを積極的に取り入れることでグリシン効果を実感できそうです。


人気グリシンサプリ一覧

 

グリシンについて解説

 

サプリ関連コラム

 

睡眠関連コラム

 

オーストラリアドルのチャート