サプリ関連コラム

睡眠をサポートしてくれる?バレリアンの効果を教えてください

バレリアンというのは、セイヨウカノコソウという名前の植物です。ヨーロッパ原産で、古来からハーブ、薬草として利用されてきました。主に根の部分を薬として用います。


その効果は、精神安定作用、鎮静作用、催眠作用です。心を落ち着かせ眠りに導くハーブとして、ヨーロッパではそれこそ古代ギリシアの時代から連綿と使われていた記録があります。江戸時代の日本にも蘭学とともにこの効果がもたらされました。日本にはセイヨウカノコソウはありませんが、日本にも生えている近縁種であるカノコソウの根が吉草根という名前で用いられていました。


現代でも、バレリアンはドイツでは立派に薬として承認されていますし、その他の国々でもハーブとして広く利用されています。あまり知られていないのですが、実は、日本でもカノコソウのほうは立派に薬とされていて、同じく鎮静、睡眠改善の効果があるとして日本薬局方にも収録されています。


ハーブや薬草の常として、いろいろな種類の成分が複合的に含まれているため、具体的にどの成分がどのように働いているのかは分かっていない部分も多いです。しかし、おそらくはGABAの代謝に関係しており、GABAの効果を高めることで、中枢神経を落ち着かせ、睡眠に導いていると考えられています。


長い間経験的に使われているというだけではなく、科学的にみて本当に効果があるのかを確かめるための実験も行われています。そして、バレリアンの服用により、確かに安眠が得られたと言う結果が得られています。作用がマイルドですので、一般的な睡眠薬を服用したときのような翌日のつらさ、いわゆる二日酔い状態は起こらないことが特徴です。


バレリアンは説明したとおりもともとは植物の根ですので、実際に摂取する場合はサプリメントやハーブティの形でとるのが一般的です。副作用はほとんどないと考えられていて、もしあったとしても胃腸障害や頭痛程度の軽いものにとどまります。


人気グリシンサプリ一覧

 

グリシンについて解説

 

サプリ関連コラム

 

睡眠関連コラム

 

オーストラリアドルのチャート