サプリ関連コラム

抗ストレス効果などで注目?テアニンの効果とは?

テアニンはアミノ酸の一種で、お茶に含まれる旨みの主成分です。苦味や渋味はカテキンとされ、緑茶だけでなく紅茶にも含まれていますが、テアニンは旨みや甘みを引きだし、緑茶や玉露に多く含まれます。


テアニンには神経を落ち着かせてリラックスさせる効果があり、カフェインの興奮作用を抑える作用を持つことから、カフェインとテアニンの両方を含む緑茶を飲むと、コーヒーのような覚醒する感覚とは違い、リラックスする効果のほうが強く発揮されます。


調味料で旨み成分として使われるグルタミン酸によく似た構造をしており、緑茶にはグルタミン、アスパラギンなどのアミノ酸が豊富に含まれていますが、その半分がテアニンとなっています。


ラットを使った動物実験ではテアニンを投与することで記憶力や学習能力が高まることが発見され、実際に人間が摂取すると神経伝達物質であるセロトニンやドーパミンに作用し、活性化させることで学習能力や集中力といったものを向上させることができます。


神経の興奮を抑えることで精神的な安らぎを感じることができ、睡眠前に摂取すると落ち着いて眠りに就くことができるようになるとされます。実際にテアニンのサプリメントを継続摂取して眠ったところ、寝付きがよくなり途中で目が覚めるといったことがなくなるというデータもあります。


質の良い睡眠をとることで、翌朝の目覚めも良くなり、前日の疲れも取れやすくなるので健康的な生活に役立つと言われています。高血圧にも優位に働くと言われており、血圧が高めの人は緊張やストレスによって血管が収縮することで血液の循環が悪くなっていますが、テアニンの摂取により筋肉が弛緩して緊張がほぐれることによって、高血圧の改善に繋がります。


また、女性特有の問題となるPMSにも効果的とされ、緊張状態がほぐれることで血行が良くなり、イライラやむくみ、冷え性などに有効ではと考えられ、実際に生理前に継続摂取することで改善されたという報告があります。



人気グリシンサプリ一覧

 

グリシンについて解説

 

サプリ関連コラム

 

睡眠関連コラム

 

オーストラリアドルのチャート