睡眠関連コラム

やわらかすぎるマットレス・敷布団は体に負担をかけている?

マットレスや敷布団によってはやわらかな寝心地を堪能することができます。特に低反発タイプのマットレスですと包み込まれるような優しい寝心地を楽しむことことができ選ばれることが少なくありません。


しかしながら体の健康を考えた場合、あまりにもやわからすぎるようですと負担になってしまうことがあるのです。


そもそも眠る時の姿勢というのは立っている時のような背骨の形になることが理想とされており、その状態ですと体への負担も小さくなります。ところがやわらかすぎる場合ですと良い姿勢をキープすることができません。例えば体重を支える力が弱い為に重たい腰部分が沈み込んでしまうことがありますが、その状態ですと部分的に負担が掛かってしまいますので目覚めた時にも腰が痛いということにもなり兼ねないのです。


あまりにも沈み込みが強いのは却って体に負担をかけることになってしまいますので、マットレスや敷布団などを選ぶ際には注意しなければいけません。


しっかりとした寝心地と言えば高反発タイプのマットレスがありますが、高反発タイプは体を支える力が強い為に睡眠時の姿勢も歪み難くなります。ただ、かたすぎるのも問題であり、マットレスとのフィット感が弱いと部分的に浮いた姿勢になったり、圧が上手く分散されずに負担になることもあるのです。ですから単純にかたければ良いというわけでもありません。


どのようなマットレス・敷布団を選ぶ場合でも適切に体を支えてくれる物を選ぶことが重要ですが、その為には実際に横になってみて選ぶことが大切と言えるでしょう。人によって体重や寝姿勢などは違っていますので、それぞれで適したタイプは異なってくるのです。


ですから仮に評判の良い商品を選んだとしても人によっては合わない可能性もありますので、人気などだけで選ぶのも良くありません。体験しながら選ぶようにしないと失敗する可能性がありますから、まずは一度横になってみてから自分にとってベストな物を選ぶようにした方が良いでしょう。


人気グリシンサプリ一覧

 

グリシンについて解説

 

サプリ関連コラム

 

睡眠関連コラム

 

オーストラリアドルのチャート